バンコク便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第5回 「華僑報徳善堂ボランティアにまつわる都市伝説」

アーサーがEMS費用の大部分も負担する

  前回、ボランティア隊員であるアーサーについて紹介し、その存在がタイの救急救命活動(EMS)を支えていることを書いた。アーサーは消防や警察、いろいろな団体にも存在する。功徳を好むタイ人らしいシステムで、報徳堂だけでなくタイ社会でうまく機能している点は世界に誇っていいと思う。タイにおいてアーサーはなくてはならないものなのだ。
 報徳堂などのタイのEMSに関係するアーサーの社会的貢献は、本来国が負担するべき活動費用の大幅な削減にも繋がっている。というのは、アーサーは全員、装備品すべてを自前で揃えるからだ。無線機、制服、救急箱にその中身はもちろんのこと、アーサーが使用する救急車(主にピックアップトラックを改造したものだが、2012年以降バンを改造したものが増えている)、赤色灯、担架、ガソリンなど、あらゆるものすべてをアーサーが自費で購入している。
 決して安いものではないのでアーサーも本当に好きでなければできるものではない。しかし、やはり功徳が身についているからか生活を切り詰めても装備を揃える人が多い。タイにいるとこのことが普通に見えるのだが、これは案外すごいことなのだと僕は常に感心してみている。

アーサーが使用するものはすべてアーサーが自分で購入したもの
アーサーが使用するものはすべてアーサーが自分で購入したもの

アメリカ製の救急バッグ
アメリカ製の救急バッグ


応募には訓練修了証が必要になった

 そんな報徳堂のアーサーになるにはおよそ2年に1回ある登録時期に応募しなければならない。しかし、公に募集をかけないので、まめに報徳堂に確認するか、近所のアーサーたちと仲よくなってから入隊するしか道はない。現実的にはどこかの管轄に所属しないといけないので、後者しかアーサーになれないと思ってもいい。
 応募に必要な書類は次のものだ。

①申込用紙
②IDカード(20歳以上であること。基本的に学生は不可)
③健康診断書
④規定の応急処置訓練修了証明書

 応急処置の訓練修了書はいくつかの病院で行われている講習会に参加した証明書だ。以前は未経験者歓迎だったが、昨今は最低限の知識が要求されるようになった。バンコクだとウィパワディー病院などが定期的に開催している。


分担制で、団体間の抗争はほとんどない

  アーサーは担当地区内であれば好きな時間に参加していいことになっているが、バンコクでは実質1日おきにしか活動できない。というのは、タイの2大レスキューである報徳堂と義徳堂で担当地域を分担しているからだ。
 バンコクではペッブリー通りを境に南北に分け、朝の8時を起点に両者で交代している。例えば当月の偶数日は北を報徳堂、南を義徳堂、奇数日はその逆という風にしている。これは分担にしていなかったころに発生した抗争などを鑑みて作られた制度で、一般的にはあまり知られていない。
 1990年代頭くらいまでは、報徳堂と義徳堂は現場の取り合いをしていた。現場で主導権を握り、マスコミに露出すれば活躍をアピールでき寄付金も多く集まる。主導権の取り方は至ってシンプルで、事件が発生したら現場に急行し、先に被害者もしくは死体にタッチすればよかった。
 この場合、現場に急行するのはバイクに乗ったアーサーたちで、彼らが無茶をして現場到着までに自分が仏になる事案が多々あった。そのため、バンコクにおいては警察や国、報徳堂と義徳堂で取り決めをした結果、バンコクを南北に分け交代制になった。いまだに報徳堂と義徳堂は険悪で、暴走族まがいの不良少年たちがアーサーになると思っている一般人は少なくない。もはや都市伝説と言っていい。小さな慈善団体の連中が縄張り争いの事件を起こしているが、2大レスキューは現在では協力し合ってEMSを遂行している。

無線機は中古でも1000バーツ、新品は安くても2000バーツ以上はする
無線機は中古でも1000バーツ、新品は安くても2000バーツ以上はする


アーサーにまつわる都市伝説

 都市伝説と言えば、アーサーが泥棒をするというのもいまだに聞かれる。しかし、現在ではそのようなことをするアーサーはいない。タイ人の多くが裕福になったからとも言えるが、報徳堂などのレスキュー慈善団体本部が最も取り組んでいるEMSに対する心得と意義の啓蒙でひとりひとりが活動に誇りを持ちEMSに注力するようになった。
 例えば、現場では警察官の立ち会いの下、要救助者もしくはその関係者がいる前でしか持ち物を確認しないようにくどいほどに言われている。死亡していたり、関係者がいない場合は野次馬をそばに呼んででも行うように指導が徹底している。
 2004年から参加している僕だが、これまで一度だって被害者の金品をアーサーが盗んだという話を聞いたことがない。今はそれくらい誰もが気をつけているし、そんなことをしようとも思わない。
 それでもいまだに「アーサーを見たら泥棒と思え」的なことを思っている人が少なくない。そんな人も事件事故ではアーサーの世話になるというのに。

所持品確認は気を遣う
所持品確認は気を遣う


スポンサーサイト
  1. 2014/10/30(木) 05:09:28|
  2. 報徳堂
  3. | コメント:0
<<第6回 「交通事故の現場」 | ホーム | 第4回 「華僑報徳善堂ボランティア隊員たち」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bangkokdayori

Author:bangkokdayori
●プロフィール
高田胤臣(たかだ たねおみ)
タイ在住ライター
報徳堂ボランティア隊ホアイクワン005

1977年東京生まれ
1998年初訪タイ。その後旅行で何度かタイを訪れ、2000年から1年間、ユニオン・ランゲージスクールに語学留学
2002年9月からバンコク在住
2004年11月から華僑報徳善堂にボランティア隊員として参加
2011年2月に彩図社より「バンコク 裏の歩き方』(皿井タレー共著)、2012年8月に同社より「東南アジア 裏の歩き方」を出版
現在はバンコクに編集部がある月刊総合誌「Gダイアリー」に複数の連載やほぼ毎月特集記事を、ウェブサイト「日刊SPA!」やバンコクの無料誌「DACO」にて不定期で執筆中

http://nature-neneam.boo.jp/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
報徳堂 (24)
タイ国王陛下 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。